情報リテラシー論

489143b85f3bb805b975fd1569f35b8b
講師:
山内 祐平  
期間:
2003/04/18 〜 2003/09/26
授業概要:
授業の前半では、情報リテラシーに関連する概念(メディア論、メディアリテラシー、情報教育、識字論、学習論、カリキュラム論)などを講義します。
授業の後半は、学校の授業案(おもに高等学校「情報科」および「総合的学習」を念頭においたもの)もしくは、ワークショップ案を作成してもらいます。つまり、それぞれの研究領域において、これからの教育に必要であるリテラシーについて考察してもらい、それを具体的な「授業」や「ワークショップ」の形で表現する活動を行います。 

講義一覧

■第1講

講義名:
第1講「情報リテラシーと情報教育」
講義日:
概 要:
オリエンテーション、情報リテラシー、インフォメーションリテラシー、情報リテラシーとインフォメーションリテラシー、中等教育における実践、メディアグラフィカード、初頭教育における実践、情報リテラシーと情報教育の相互関係

■第2講

講義名:
第2講「メディアリテラシーとは何か」
講義日:
概 要:
前講義コミュニケーションカード意見紹介及び参考著作紹介、メディアリテラシーとは、参考ビデオ上映(松本美須々ヶ丘高校)、メディアリテラシーとは(2)、メディアリテラシー教育の歴史(英国)、メディアリテラシー教育の歴史(カナダ・日本)、メディアリテラシー授業の実際についての補足及びメディアリテラシーの課題、次週休講のお知らせ

■第3講

講義名:
第3講「技術リテラシーとリテラシーの相互関係および情報教育について」
講義日:
概 要:
前講義コミュニケーションカード紹介とコメント、技術リテラシーその1(コンピューターリテラシーとプログラミング)、技術リテラシーその2(ネットワークリテラシーと技術リテラシー)、リテラシーの相互関係と系譜、情報教育の歴史、情報教育の実際(教科書紹介)

■第4講

講義名:
第4講「公共コミュニケーションメディアとしての図書館」
講義日:
概 要:
ゲストスピーカー菅谷明子(ジャーナリスト)さんによる講義 ニューヨーク公共図書館の紹介、ビジネス支援サービス、宿題ヘルプ、シニアサービス、舞台芸術図書館、黒人文化図書館、クイーンズ図書館の移民用英会話教室、デモ(データベースその他紹介)、Q&A

■第5講

講義名:
第5講「情報リテラシー実践報告」
講義日:
概 要:
ゲストスピーカー林直哉(長野県梓川高校)さんによる講義 自己紹介およびビデオ解説、「テレビは何を伝えたか 松本サリン事件のテレビ報道から」紹介、あらゆるメディアで問題を伝える、民放連プロジェクト「メディア教育を考える」紹介、情報リテラシー論グループワークの4つのヒント、質疑応答

■第6講

講義名:
第6講「ワークショップデザイン」
講義日:
概 要:
前講義コミュニケーションカード紹介とコメント、教材・授業の特徴、ワークショップの実例その1:feel the media、ワークショップの実例その2:Human Powered Computer Project、ワークショップの特徴、昨年度の実践

■第7講

講義名:
第7講「グループ構成+テーマの決定」
講義日:
概 要:
前講義コミュニケーションカード紹介とコメント、グループメンバー決定(通称「お見合い」)の説明、「お見合い」風景その1、「お見合い」風景その2、「お見合い」風景その3、次回予告

■第8講

講義名:
第8講「グループワーク」(ゲスト学府院生長谷川さん)
講義日:
概 要:
「友だちの絵本」をめぐって、こんなふうに作ってみた、グループワークの様子その1、グループワークの様子その2、次回予告および注意

■第9講

講義名:
第9講「グループワーク」(ゲスト学府院生伊藤さん)
講義日:
概 要:
前回コミュニケーションカードについてのコメントと本日ゲスト紹介、新しい生き方マガジンを作ろう(概要説明)、新しい生き方マガジンを作ろう(実践)、新しい生き方マガジンを作ろう(反省点と現状、質疑応答)、グループワークにあたっての注意、グループワークの様子、次回予告

■第10講

講義名:
第10講「グループワーク」(ゲスト学府教官水越さん)
講義日:
概 要:
メルプロジェクトの誕生、メルプロジェクトの関連領域、メルプロジェクトの連携関係、重なり合うプロジェクト群、グループワークの様子紹介、今後の注意および次回予告

■第11講

講義名:
第11講「グループワーク」(ゲスト学府院生酒井さん)
講義日:
概 要:
携帯シュミレーションとは、ワークショップの流れ、振り返り、中間発表について連絡、グループワークの様子、次回予告

■第12講

講義名:
第12講「グループワーク」(プラン作成)
講義日:
概 要:
プラン作成上の注意、次回(中間発表)予告

■第13講

講義名:
第13講 中間発表会
講義日:
概 要:
ホンジュール!絵本からこんにちわ、SURVIVOR@ネット、先生を有名人にプロデュース、変身!あいうえお、暗号解読宝探し、みんなでワイドショー、今後の注意と発表会(9/27)について

■第14講

講義名:
最終講(1)「発表会」
講義日:
概 要:

■第15講

講義名:
最終講(2)「発表会」
講義日:
概 要:
ログイン

ようこそゲストさん

ログイン

ID・パスワードを忘れたかたはこちら

メンバー以外の方はこれ以降のページはご利用いただけません。

未登録のメンバーはこちら
 

このサイトについて

iii onlineは、国立大学法人東京大学大学院学際情報学府の講義をインターネット上で受講できるサイトです。 このサイトは、 1)働きながら学ぶ大学院生の学習機会の確保 2)大学院の情報の一般公開 3)学習過程の透明化と改善 を目的に製作されています。 東京大学大学院学際情報学府の学生及び他研究科の受講が認められた学生は、インターネット上で掲示板などを利用して講義に参加し、単位を取得することができます。学生以外の方でも、一部の公開されている授業をストリーミングで閲覧することが出来ます。 iii onlineは、以下の機能を提供します。 【学生に】 ・受講している授業の動画ストリーミング及び電子化された資料の閲覧 ・議論や課題提出のための掲示板システム これにより、授業の履修が可能です。 【一般の方に】 ・一部の公開された授業の動画ストリーミング iii onlineでの授業のストリーミングによる公開は、授業終了から数時間後、授業当日の夜までに行うことを目処に作業を行っております。実際の授業と同時に公開するリアルタイムストリーミングではありません。また、都合により公開が翌日以降になることもございます。