過去授業

0abafad2887ab4067c0df7e5240c62b5
2014年度ネットワーク経済論
講師:
 
期間:
2014/04/08 〜 2014/07/15
授業概要:
この授業では、ネットワーク化するイノベーションについて多面的に考察し、関連の理解を深めることを目的とする。具体的には、関連する書籍を題材として、その内容について理解することともに、企業のイノベーションを可能とする条件や環境、戦略などについて考察を行う 

Dbf2d55098fc91270e6bc5898bcaf296
2014年度学際情報学概論Ⅱ
講師:
 
期間:
2014/04/08 〜 2014/07/31
授業概要:
(Course Objectives/Overview) 学際情報学概論II(全学府生必修)の狙いは、「Thumbnail one more click!」である。すなわち、サムネイル講義(概論I)で学環の全容を一覧した学生に、もう少し具体的に研究や調査の実際を経験してもらい、自身の修論研究を学環で遂行する姿勢を涵養する。

The objective of this course is to give the students, who have got the bird's-eye view of the Gakkan/Gakufu by the thumbnail course, an understanding of general academic stances and methodologies in the interdisciplinary information studies by group works. 

A3c1ba168ddbba6a8c5d42c06ac31178
社会情報学研究法Ⅳ
講師:
田中 秀幸  
期間:
2013/10/01 〜 2014/01/31
授業概要:
 

61c1943ba8302af2ee433e1859c0ceb7
学際情報学概論II (2013年度)
講師:
 
期間:
2013/04/01 〜 2013/08/30
授業概要:
この授業は、文理融合型の大学院である情報学環の特性を生かし、学環教員が横断的に学際情報学府がカバーしている幅広い分野の全体像を提示していく。学際情報学府は、社会情報学コース、文化・人間情報学コース、先端表現情報学コース、総合分析情報学コースの4コースに分かれており、それぞれの主要研究分野は以下の通りだが、この授業では、それぞれの学生に、これからの学府での学問航海に向けて必要な、学際情報学全体の分野配置についての地図を獲得していってもらいたい。  

083770bbd3f127a0149a0a3567d510cd
学際情報学概論I (2013年度)
講師:
 
期間:
2013/04/01 〜 2013/05/31
授業概要:
お題は「文理」。情報学環・学際情報学府は、文理越境を目指す学際的教育研究組織です。しかし、学際のあり方ややり方は、さまざです。「文理文理文理」もあれば、「文理文文理文理文理」もあるかもしれません。このイントロダクション講義では、学環・学府の先生方が多数登場して、研究の一端を御紹介いただきます。それをもとに、学生のみなさんからの質問を交えて、討論も行います。先輩学生たちの修論研究の様子を知る機会もあります。学際情報学概論Iという授業なのですが通称を「学環サムネイル」としてみました。Webなどで小さい写真や絵が見本のように出てくる、あのサムネイルのイメージです。
 ひとつ、お願いがあります。授業は先生だけで作るものではありません。学生のみなさんが積極的に参加して、はじめて良い授業になります。質問、発言、討論を、どんどんおこなってください。  

3764503556e64f871386e38f01f90816
ネットワーク経済論(2013年度)
講師:
田中 秀幸  
期間:
2013/04/01 〜 2013/07/23
授業概要:
テーマは、「イノベーションとエコシステム/プラットフォーム」。この授業では、イノベーションを可能とするビジネスのエコシステムやプラットフォームについての考え方を身につけることを目的とする。具体的には、関連する書籍を題材として、その内容について理解することともに、日本企業などの事例に適用して、企業のイノベーションを可能とする条件や環境、戦略などについて考察を行う。 

A8a8fa41765cf68301e5dfb796b3cd4e
学際情報学概論II (2012年度)
講師:
各教員   
期間:
2012/04/10 〜 2012/08/05
授業概要:
この授業は、文理融合型の大学院である情報学環の特性を生かし、学環教員が横断的に学際情報学府がカバーしている幅広い分野の全体像を提示していく。学際情報学府は、社会情報学コース、文化・人間情報学コース、先端表現情報学コース、総合分析情報学コースの4コースに分かれており、それぞれの主要研究分野は以下の通りだが、この授業では、それぞれの学生に、これからの学府での学問航海に向けて必要な、学際情報学全体の分野配置についての地図を獲得していってもらいたい。  

36588bfb7f53122d62e5d54fea9f21e2
学際情報学概論I (2012年度)
講師:
各教員   
期間:
2012/04/01 〜 2012/05/31
授業概要:
お題は「文理」。情報学環・学際情報学府は、文理越境を目指す学際的教育研究組織です。しかし、学際のあり方ややり方は、さまざです。「文理文理文理」もあれば、「文理文文理文理文理」もあるかもしれません。このイントロダクション講義では、学環・学府の先生方が多数登場して、研究の一端を御紹介いただきます。それをもとに、学生のみなさんからの質問を交えて、討論も行います。先輩学生たちの修論研究の様子を知る機会もあります。学際情報学概論Iという授業なのですが通称を「学環サムネイル」としてみました。Webなどで小さい写真や絵が見本のように出てくる、あのサムネイルのイメージです。
 ひとつ、お願いがあります。授業は先生だけで作るものではありません。学生のみなさんが積極的に参加して、はじめて良い授業になります。質問、発言、討論を、どんどんおこなってください。  

D6c44234413d19144a22b39306d80be1
歴史情報論 (2011年度)
講師:
本郷 和人  
期間:
2011/10/05 〜 2012/02/22
授業概要:
なにしろ歴史学、とくに前近代史は人気がない。それは一見すると、社会の役に立たないように受け取れるからであろう。理系の先生の中には平然と穀潰し呼ばわりする方もいらっしゃって、歴史研究者である私はあまりの悔しさに思わず涙を流すのであった。
ここで歴史学を学ぶ重要性を説くことは、容易ではある。現代は近代なくしては成り立たず、近代は前近代の発展形である云々。だが、それでは人々は一応納得したような顔はしてくれるが、本当の意味で歴史学の異議を認めてはくれない。
そこで私は、思い切って時間軸を外して歴史を捉え直すことを考えた。尺度は常に「いま」である。「いま」を問題意識として、中世という時代に切り込む。この作業がうまくいくならば、歴史学は全て現代史となり、私たちを写す鏡となる。 

8531bf973322bea0523acae04f3c43f0
学際情報学概論II (2011年度)
講師:
各教員   
期間:
2011/04/26 〜 2012/02/29
授業概要:
この授業は、文理融合型の大学院である情報学環の特性を生かし、学環教員が横断的に学際情報学府がカバーしている幅広い分野の全体像を提示していく。学際情報学府は、社会情報学コース、文化・人間情報学コース、先端表現情報学コース、総合分析情報学コースの4コースに分かれており、それぞれの主要研究分野は以下の通りだが、この授業では、それぞれの学生に、これからの学府での学問航海に向けて必要な、学際情報学全体の分野配置についての地図を獲得していってもらいたい。  

Af1e7e1e9d319c1670958a68e5664e59
ネットワーク経済論 (2011年度)
講師:
田中 秀幸  
期間:
2011/04/26 〜 2011/07/28
授業概要:
This course aims to deepen understanding of the role of social innovation especially in the Base of the Pyramid.
Key words: Base of the Pyramid, social innovation, telecommunication, public policy, current economy
参考図書
出口弘・田中秀幸・小山友介編著,『コンテンツ産業論』,東京大学出版会, 2009年. 

52b4c1a4543e1ff89c6c0753ebc01b68
学際情報学概論I (2011年度)
講師:
各教員   
期間:
2011/04/18 〜 2011/05/23
授業概要:
お題は「文理」。情報学環・学際情報学府は、文理越境を目指す学際的教育研究組織です。しかし、学際のあり方ややり方は、さまざです。「文理文理文理」もあれば、「文理文文理文理文理」もあるかもしれません。このイントロダクション講義では、学環・学府の先生方が多数登場して、研究の一端を御紹介いただきます。それをもとに、学生のみなさんからの質問を交えて、討論も行います。先輩学生たちの修論研究の様子を知る機会もあります。学際情報学概論Iという授業なのですが通称を「学環サムネイル」としてみました。Webなどで小さい写真や絵が見本のように出てくる、あのサムネイルのイメージです。
 ひとつ、お願いがあります。授業は先生だけで作るものではありません。学生のみなさんが積極的に参加して、はじめて良い授業になります。質問、発言、討論を、どんどんおこなってください。  

0939db2da59565621c2e8e5e521ec90b
総合分析情報学特論 XI
講師:
堀 里子  
期間:
2010/10/12 〜 2011/02/01
授業概要:
医薬品情報学は、創薬から医薬品の適正使用・リスクマネジメント、育薬に至る過程で、医薬品のソフトウェアとしての医薬品情報を取り扱い、よりよい医薬品の創製や薬物治療の提供に資する学問領域である。本特論では、特に、医薬品適正使用・リスクマネジメント、育薬を推進するための医薬品情報の収集、解析・評価、創製、提供法などについて実例をまじえて概説する。また、医薬品情報の解析・評価に不可欠な臨床薬物動態学の基礎と薬物治療への応用(相互作用や副作用の定量的予測、個人差)についても学習する。 

5adcf520f2057da177864330545d7b0b
ネットワーク経済論
講師:
田中 秀幸  
期間:
2010/04/12 〜 2010/07/28
授業概要:
This course aims to deepen understanding of the role of social innovation especially in the Base of the Pyramid.
Key words: Base of the Pyramid, social innovation, telecommunication, public policy, current economy
参考図書
出口弘・田中秀幸・小山友介編著,『コンテンツ産業論』,東京大学出版会, 2009年. 

8ab64fccd950e248ee0fba04d00f0e26
学際情報学概論II (2010年度)
講師:
各教員   
期間:
2010/04/12 〜 2010/07/28
授業概要:
この授業は、文理融合型の大学院である情報学環の特性を生かし、学環教員が横断的に学際情報学府がカバーしている幅広い分野の全体像を提示していく。学際情報学府は、社会情報学コース、文化・人間情報学コース、先端表現情報学コース、総合分析情報学コースの4コースに分かれており、それぞれの主要研究分野は以下の通りだが、この授業では、それぞれの学生に、これからの学府での学問航海に向けて必要な、学際情報学全体の分野配置についての地図を獲得していってもらいたい。  

C6595f7a683b8ba00150c97020e23239
学際情報学概論I (2010年度)
講師:
各教員   
期間:
2010/04/05 〜 2010/04/30
授業概要:
お題は「文理」。情報学環・学際情報学府は、文理越境を目指す学際的教育研究組織です。しかし、学際のあり方ややり方は、さまざです。「文理文理文理」もあれば、「文理文文理文理文理」もあるかもしれません。このイントロダクション講義では、学環・学府の先生方が多数登場して、研究の一端を御紹介いただきます。それをもとに、学生のみなさんからの質問を交えて、討論も行います。先輩学生たちの修論研究の様子を知る機会もあります。学際情報学概論Iという授業なのですが通称を「学環サムネイル」としてみました。Webなどで小さい写真や絵が見本のように出てくる、あのサムネイルのイメージです。
 ひとつ、お願いがあります。授業は先生だけで作るものではありません。学生のみなさんが積極的に参加して、はじめて良い授業になります。質問、発言、討論を、どんどんおこなってください。  

60d8accc22e276e59780c6c9a3da2a85
科学技術コミュニケーション論
講師:
鈴木 高宏  大島 まり  佐倉 統  丹羽 美之  
期間:
2009/10/07 〜 2010/01/27
授業概要:
科学技術の専門化が進むにつれて、社会の科学離れが進む一方で、科学技術が社会に及ぼす影響は巨大なものになっている。このギャップを埋めるための理論的枠組みと実践力を身につけることが目的である。授業は、座学の講義と実践的な場(科学映画、出前授業、テレビ科学番組など)での実習を組み合わせておこなう。 

B047355f6e268a4bec3ed74a15557cf2
学際情報学概論II
講師:
各教員   
期間:
2009/10/06 〜 2010/01/19
授業概要:
この授業は、文理融合型の大学院である情報学環の特性を生かし、学環教員が横断的に学際情報学府がカバーしている幅広い分野の全体像を提示していく。学際情報学府は、社会情報学コース、文化・人間情報学コース、先端表現情報学コース、総合分析情報学コースの4コースに分かれており、それぞれの主要研究分野は以下の通りだが、この授業では、それぞれの学生に、これからの学府での学問航海に向けて必要な、学際情報学全体の分野配置についての地図を獲得していってもらいたい。 

8ab0f0717a03b64e01443f12720dd097
組織学習システム論Ⅱ
講師:
中原 淳  
期間:
2009/04/14 〜 2009/08/04
授業概要:
 本授業では、従来あまりスポットライトがあたることのなかった、学校の「外」の学習 - 「企業・組織における学習」に焦点をあてます。
 特に「組織学習システム論Ⅱ」では、プロフェッショナルと呼ばれる人々が、どのような出来事を経験し、一人前になり熟達していくのかをグループで研究します。

1)プロフェッショナルと呼ばれる人々は、どのような経験から学び・成長しているのでしょうか?

2)プロフェッショナルの学びや成長には、どのような他者からの、どのような支援が影響を与えるのでしょうか。

3)プロフェッショナルの学びと成長と組織は、どのように相互に影響を与え合っているのでしょうか?

 これを明らかにするために、グループで、プロフェッショナルの職種を決めて、インタビュー調査を企画・実施します。
 インタビュー結果を定性的手法を用いて分析し、発表していただきます。授業の前半では、そのための関連文献を購読します。 

0c30c303aab1ba7d1cb5f389a4f5b7ba
学際情報学概論I
講師:
各教員   
期間:
2009/04/08 〜 2009/05/10
授業概要:
 お題は「文理」。情報学環・学際情報学府は、文理越境を目指す学際的教育研究組織です。しかし、学際のあり方ややり方は、さまざです。「文理文理文理」もあれば、「文理文文理文理文理」もあるかもしれません。このイントロダクション講義では、学環・学府の先生方が多数登場して、研究の一端を御紹介いただきます。それをもとに、学生のみなさんからの質問を交えて、討論も行います。先輩学生たちの修論研究の様子を知る機会もあります。学際情報学概論Iという授業なのですが通称を「学環サムネイル」としてみました。Webなどで小さい写真や絵が見本のように出てくる、あのサムネイルのイメージです。
 ひとつ、お願いがあります。授業は先生だけで作るものではありません。学生のみなさんが積極的に参加して、はじめて良い授業になります。質問、発言、討論を、どんどんおこなってください。 

05df5db2d9cf6713681b80e7bd2f48d3
学際情報学概論II
講師:
各教員   
期間:
2008/10/14 〜 2009/02/17
授業概要:
この授業は、文理融合型の大学院である情報学環の特性を生かし、学環教員が横断的に学際情報学府がカバーしている幅広い分野の全体像を提示していく。学際情報学府は、社会情報学コース、文化・人間情報学コース、学際理数情報学コース、総合分析情報学コースの4コースに分かれており、それぞれの主要研究分野は以下の通りだが、この授業では、それぞれの学生に、これからの学府での学問航海に向けて必要な、学際情報学全体の分野配置についての地図を獲得していってもらいたい。  

2fe8aacf18b0baed457e56aeabf2ebe2
文化・人間情報学特論V
講師:
前田 幸男  
期間:
2008/10/08 〜 2009/02/25
授業概要:
統計学はそれ自体固有の学問であると同時に、統計学者以外にとっては研究に必要な道具・方法論である。この特論では、未習者を対象に統計学を講義形式で解説する。
 具体的には、標本調査、実験等の異なるデータ収集方法の持つ意味に注意を払いつつ、記述統計、標本分布、平均値の差の検定、分散分析、単回帰分析およびノンパラメトリック統計について解説する。その際、統計的な考え方だけではなく、様々な研究方法の相違とそれぞれの長所・短所について理解できるように配慮する。 

F8c37c9b43ede06a41a554739b24d3be
学際情報学概論I
講師:
各教員   
期間:
2008/04/15 〜 2008/07/28
授業概要:
この授業は、文理融合型の大学院である情報学環の特性を生かし、学環教員が横断的に学際情報学府がカバーしている幅広い分野の全体像を提示していく。学際情報学府は、社会情報学コース、文化・人間情報学コース、学際理数情報学コース、総合分析情報学コース、アジア情報社会コースの5コースに分かれているが、この授業では、それぞれの学生に、これからの学府での学問航海に向けて必要な、学際情報学全体の分野配置についての地図を獲得していってもらいたい。 

97b2594020165ff0a6cbf8215315ce17
学際理数情報学特論IX
講師:
大島 まり  
期間:
2008/04/10 〜 2008/05/29
授業概要:
 動脈硬化症などの循環器系疾患は血流の流れと密接な関係がある。生体に関連したシミュレーション、および医用画像からの形状抽出や形状モデリングについての理解を深める。
 生体系は、臓器・器官、細胞、そして分子レベルと階層構造をとっていて、各レベルのどの機能も内・外的に力学的環境下のもとで力学的法則の支配を受けている。そこで、本新設科目では生体機能の基礎力学の一つとして流体を取りあげ、講義および演習を通して生体内の流体現象を体系的に理解できるように授業を進めていく。
 具体的な内容としては、生体内の流動現象および循環器系に関する解剖学の基礎から、血液の流れと血管壁の相互作用あるいは物質や熱伝達などの応用分野にわたり講義する。また、このような機械的なストレスが、脳血管障害などの循環器系疾患にどのような影響を与えているのか、などといった医療・医学分野への工学的応用についてもふれる。 

7d36d587f667ee52e6b4834b2634ce50
歴史情報論
講師:
本郷 和人  
期間:
2007/10/11 〜 2008/02/28
授業概要:
なにしろ歴史学、とくに前近代史は人気がない。それは一見すると、社会の役に立たないように受け取れるからであろう。理系の先生の中には平然と穀潰し呼ばわりする方もいらっしゃって、歴史研究者である私はあまりの悔しさに思わず涙を流すのであった。
ここで歴史学を学ぶ重要性を説くことは、容易ではある。現代は近代なくしては成り立たず、近代は前近代の発展形である云々。だが、それでは人々は一応納得したような顔はしてくれるが、本当の意味で歴史学の異議を認めてはくれない。
そこで私は、思い切って時間軸を外して歴史を捉え直すことを考えた。尺度は常に「いま」である。「いま」を問題意識として、中世という時代に切り込む。この作業がうまくいくならば、歴史学は全て現代史となり、私たちを写す鏡となる。  

44c55d785621d00082c829b66a39393a
学際情報学概論II
講師:
各教員   
期間:
2007/10/01 〜 2008/02/26
授業概要:
この授業は、文理融合型の大学院である情報学環の特性を生かし、学環教員が横断的に学際情報学府がカバーしている幅広い分野の全体像を提示していく。学際情報学府は、社会情報学コース、文化・人間情報学コース、学際理数情報学コース、総合分析情報学コースの4コースに分かれており、それぞれの主要研究分野は以下の通りだが、この授業では、それぞれの学生に、これからの学府での学問航海に向けて必要な、学際情報学全体の分野配置についての地図を獲得していってもらいたい。 

69b2d69d688dc2bcdac753113377eeb0
学際情報学概論I
講師:
 
期間:
2006/04/11 〜 2006/07/18
授業概要:
この授業は、文理融合型の大学院である情報学環の特性を生かし、学環教員が横断的に学際情報学府がカバーしている幅広い分野の全体像を提示していく。学際情報学府は、社会情報学コース、文化・人間情報学コース、学際理数情報学コース、総合分析情報学コースの4コースに分かれており、それぞれの主要研究分野は以下の通りだが、この授業では、それぞれの学生に、これからの学府での学問航海に向けて必要な、学際情報学全体の分野配置についての地図を獲得していってもらいたい。 

C32007b03e624c8d65eb387868232b7b
学際理数情報学概論VI
講師:
 
期間:
2005/10/04 〜 2006/01/24
授業概要:
本講義では,特にロボットの多自由度な運動とその制御について学んでいきます.特に,システムの非線形性に注目し,その性質をむしろ積極的に利用することで,システム(ロボットでもその他の機械や人工システムでもよい)の可能性を拡げられることを紹介していきます 

9abefc13f9e566fa57e621ad9242d389
学際情報学概論II
講師:
 
期間:
2005/10/04 〜 2005/01/17
授業概要:
文理融合型の大学院である情報学環の特性を生かし、学環教員が横断的に学際情報学 府がカバーしている幅広い分野の全体像を提示していく。学際情報学府は、社会情報学コース、文化・人間情報学コース、学際理数情報学コースの3つの専門的なコースに分かれており、それぞれの主要な研究分野は以下の通りだが、この授業では、それぞれの学生に、これからの学府での学問航海に向けて必要な、学際的な情報学全体の分野配置についての地図を獲得していってもらいたい。 

7b6375a9e10c07f95d213d2d4470796f
ネットワーク経済論II
講師:
 
期間:
2005/04/12 〜 2005/07/19
授業概要:
この授業では、ネットワーク化する経済活動が直面する諸問題を取り上げる。特に経済活動がネットワーク化することで、企業経営を取り巻く環境は変わりつつあり、組織デザインや企業戦略のあり方が大きく変容している点に注目する。本授業では、このような経済・経営環境、組織デザイン、企業戦略の変化とそれらが企業のパフォーマンスにどのように関わっているかについて考察する。

テキスト:Roberts, John (2004), The Modern Firm: Organizational Design for Performance and Growth, Oxford : Oxford University Press. 

467afc906c641f4eff1167be8d24c9e7
学際情報学概論I
講師:
 
期間:
2005/04/12 〜 2004/07/19
授業概要:
この授業は、文理融合型の大学院である情報学環の特性を生かし、学環教員が横断的に学際情報学府がカバーしている幅広い分野の全体像を提示していく。学際情報学府は、社会情報学コース、文化・人間情報学コース、学際理数情報学コースの3つの専門的なコースに分かれており、それぞれの主要な研究分野は以下の通りだが、この授業では、それぞれの学生に、これからの学府での学問航海に向けて必要な、学際的な情報学全体の分野配置についての地図を獲得していってもらいたい。 

B01225a104bc6126cc21c5d89736a017
進化生態情報学
講師:
佐倉 統  
期間:
2003/10/08 〜 2004/02/04
授業概要:
生命という情報システムの振る舞いは、他のシステムを調べるときにいろいろな点で参考になることが多い。とくに、環境に適応するメカニズムとプロセス(=進化)は、生命以外のシステムにも共通する点が多く、複雑系を理解するための基本概念である。
この講義では、まず、生命システムの進化について、適応、選択淘汰、自己複製などの基本概念を解説する。次に、人間の文化や都市システム、知識システム、ミッキーマウス、フォークなど、生命以外のシステムにみられる進化現象について考察する。さて、こうなると、生命体と非生命体は、どこがどうちがうのだろうか?
また、人間そのものの進化過程をまとめながら、人間の生物としての側面と文化的な側面の関係について、両者の葛藤(遺伝子とミームの対立?)という視点から論じる。これはたとえば、「新興宗教の教義に殉じて自殺した人間は幸せなのか?」といった問題に、進化論的な立場から回答を試みるということである。 

489143b85f3bb805b975fd1569f35b8b
情報リテラシー論
講師:
山内 祐平  
期間:
2003/04/18 〜 2003/09/26
授業概要:
授業の前半では、情報リテラシーに関連する概念(メディア論、メディアリテラシー、情報教育、識字論、学習論、カリキュラム論)などを講義します。
授業の後半は、学校の授業案(おもに高等学校「情報科」および「総合的学習」を念頭においたもの)もしくは、ワークショップ案を作成してもらいます。つまり、それぞれの研究領域において、これからの教育に必要であるリテラシーについて考察してもらい、それを具体的な「授業」や「ワークショップ」の形で表現する活動を行います。 

0904adabc4b16b0c7d6c2c12467a3aa2
情報記号論
講師:
石田 英敬  
期間:
2003/04/17 〜 2003/09/25
授業概要:
<記号論Semiotics>は、C.S. PeirceとF. de Saussureを祖として二十世紀を通して発達してきた人間の意味活動のインターディシプリナリーな研究領域です。記号論は、<構造主義>と呼ばれた二十世紀の社会・文化知のパラダイム変換に貢献し、またメディア文化や大衆社会現象を理解する理論的枠組みとしてメディア・スタディーズやカルチュラル・スタディーズと呼ばれる研究動向のなかでも重要な理論的支柱となってきました。そして今日では、記号論には、人間の意味環境を急速に変化させつつある記号テクノロジーに媒介された社会や文化を理解するために、新しい役割を果たすことを求められています。これが、<情報記号論>の領域だといえるでしょう。この新しい学問分野は、いま情報技術革命と呼ばれているような大変化のなかで、記号論が二十世紀を通じて考えようとしてきた根本問題をとらえ返すことによって、これから創り出されるべきものという性格が強いのです。 

D050a7fbcba871dcba5879681efcd98d
コミュニケーション・システム
講師:
原島 博  
期間:
2002/04/10 〜 2002/09/27
授業概要:
この講義では、メディアも含めた現代技術の目指す方向、それらの21世紀社会に与える光と影の問題を論ずるとともに、将来の人間中心の「ヒューマンコミュニケーションメディア」へ至る道を展望してみたいと考えています。 

ログイン

ようこそゲストさん

ログイン

ID・パスワードを忘れたかたはこちら

メンバー以外の方はこれ以降のページはご利用いただけません。

未登録のメンバーはこちら
 

このサイトについて

iii onlineは、国立大学法人東京大学大学院学際情報学府の講義をインターネット上で受講できるサイトです。 このサイトは、 1)働きながら学ぶ大学院生の学習機会の確保 2)大学院の情報の一般公開 3)学習過程の透明化と改善 を目的に製作されています。 東京大学大学院学際情報学府の学生及び他研究科の受講が認められた学生は、インターネット上で掲示板などを利用して講義に参加し、単位を取得することができます。学生以外の方でも、一部の公開されている授業をストリーミングで閲覧することが出来ます。 iii onlineは、以下の機能を提供します。 【学生に】 ・受講している授業の動画ストリーミング及び電子化された資料の閲覧 ・議論や課題提出のための掲示板システム これにより、授業の履修が可能です。 【一般の方に】 ・一部の公開された授業の動画ストリーミング iii onlineでの授業のストリーミングによる公開は、授業終了から数時間後、授業当日の夜までに行うことを目処に作業を行っております。実際の授業と同時に公開するリアルタイムストリーミングではありません。また、都合により公開が翌日以降になることもございます。